そのほかの宮崎の木

樟(くす)

樟は樟脳の原料にもなるとおり、防虫効果が高いため、タンスの引き出しや衣裳箱などに用いられます。辺材と心材の境界が明瞭で辺材は灰白色〜淡黄褐色、心材は紅褐色〜暗緑です。また木肌は緻密で耐湿・耐久性に優れ、加工も容易になっています。材のままでも芳香が強く、美しい杢(もく)が出ることがあり、寺社仏閣にも用いられることがある高級材です。もうひとつ有名なのが巨木となることです。樹高は20m以上に達し、空(うろ)ができやすいのも特徴です。映画『となりのトトロ』で、トトロの森に出てくる木の幹の空間は樟をモデルにしています。宮崎県庁の樟並木が有名ですが、宮崎市の市木にもなっています。

柞の木(いすのき)

ユスノキ、ユシノキ、ヒョンノキとも呼ばれ、材質が重く硬いので加工には工夫が必要です。心材の色は淡紅褐色で辺材は淡黄褐色。仕上りが緻密できれいなため床板として利用されるほか、体育用、医療用などの器具材や、機械材などとしても使われます。また、立木のまま枯らしたものは「ススケ」と呼ばれ、床柱などにも使われる高価な銘木です。切削などの加工性や乾燥は困難ですが、強度は国産材の中で最も強い材に属します。

榧(かや)

碁盤の原料としても有名な榧の木。床柱などでも使われる銘木ですが、「槇(まき)は万年、榧は限りなし」といわれるほどの耐久性があります。弾力性に富み、光沢があり、緻密で美しい木目と色合い、そして独特の芳香を放ちます。樹脂分が多いので経年変化が美しく、独特なしぶい黄金色・飴色になります。 特に宮崎産のものは有名で、日向の蛤(はまぐり)碁石と合わせて最高級品とされています。

欅(けやき)

日本の広葉樹のなかでも第一の良材として、古くから建築材や家具材、建具材、造作材など幅広く用いられています。特に寺社建築に重用されたり、大黒柱や床柱としても用いられたりと、銘木の代表格とも言える存在です。 心材は特有の黄褐(オレンジ)色を持ち、年輪が明瞭で光沢があります。また、杢(もく)といわれる、美しい木目模様が現われることがあり、重宝されています。

山桜(やまざくら)

本桜とも呼ばれ、山地に広く自生する野生の桜です。古くから人々に愛好されており、日本の風情とは切っても切れない関係です。材質が強靭で、加工しやすく美しいことから、家具や内装・造作材などに広く利用されています。また、葉を桜餅に使ったり、チップを燻煙材(スモークチップ)に使うなど、その独特な香りも愛されています。

フェニックス

アフリカのカナリー島原産で病害虫に強く、寿命が長いのでフェニックス(不死鳥)と名づけられたといわれています。宮崎では大正のはじめころ、宮崎市内にある天神山公園に植えられたのが初めてです。県庁正面にそのうちの一本があり、日南海岸、橘公園などとともに南国宮崎にふさわしい景観を形づくっています。

商品のご案内-川上木材の取り扱い商品について

川上木材では以下の商品を取り扱っております。

株式会社川上木材

〒880-2101 宮崎市跡江4325番地1
TEL:0985-47-2834 FAX:0985-47-2894