木育への取り組み

循環図

木を使うことから持続可能な社会が始まる、私たちはそう考えます。
森林伐採、砂漠化、地球温暖化・・・木を切ることは悪いこと?
いいえ、「伐って使って植えて育てる」この循環が大切なのです。

木は再生可能で、循環して使える貴重な素材です。伐って使った分、植えて育てれば、また使うことができます。

木育とは、すべての人が木とふれあい、木に学び、木と生きる取り組みです。それは、木を子どもの頃から身近に使っていくことを通じて、人と、森や木との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育てることです。

実は、日本は国土の2/3が森林です。これは、フィンランド、スウェーデンに次いで世界第3位。
普段、私たちはどれだけ森や木について考えることがあるでしょうか?少しだけ、一緒に森の恵みに考えを巡らせてみませんか?

という素材の魅力

CO2を吸収してくれる木。一度吸収したCO2は腐るか燃やさない限り、空気中に放出されることはありません。木は地球温暖化防止に一役買っています。

私たちは森の恵みを受けて生きています。もっと、木を身近に感じてほしい。興味をもってほしい。それが、私たちの願いです。

また、樹種によって、色や香りが違います。木にも色んな個性があります。

木が好きな人が増えるといいな。
そのためには、木に少しでも興味を持ってもらうこと、知ってもらうこと、実際に触れてもらうこと。
それができるのが、わたしたち材木屋の仕事です。


Other Contents


Call Now Button